泥水をかぶったリンゴの木=4日午前8時45分、弘前市大川

 3日の大雨による川の増水で、青森県弘前市や藤崎町、板柳町などの一部のリンゴ園地は泥水が流れ込み、冠水被害を受けた。水の大部分が引いた4日、岩木川と平川の合流地点より下流にある河川敷を利用した園地内は泥だらけで、果実や幹、枝葉にも大量の泥が付着していた。泥水につかったリンゴは疫病にかかる可能性が高く、生産者からは「ほとんど売り物にならない」と落胆の声が上がった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。