「夢は文楽で『ロミオとジュリエット』をやること」と話す岡本貴也さん

「義太夫節」の開祖として文楽の歴史に名を刻む竹本義太夫(1651〜1714年)。その波瀾(はらん)万丈の人生を、脚本家や演出家として活躍する岡本貴也さんが小説「竹本義太夫伝 ハル、色」(幻冬舎)に著…

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から