奥津軽独特の縄文文化を紹介している企画展=中泊町博物館

 中泊町博物館は9月11日まで、夏の企画展「此(こ)は何(な)ぞ(謎)!? 奥津軽の縄文世界」を開催している。住民の協力を得て、中里、市浦、小泊など奥津軽の縄文遺跡から出土した石器や土器類約1340点を展示。北海道道南地域と関わりの深い奥津軽の縄文文化の一端を紹介している。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から