2019年5月、即位後初の宮中祭祀となる「期日奉告の儀」に臨まれる天皇陛下。剣と璽(じ)を侍従が携え随行した=皇居・宮中三殿の賢所(宮内庁提供)

「天皇陛下」という呼び方は、私たちの間で定着している。皇后、上皇、上皇后にも「陛下」が使われる一方、それ以外の皇族の敬称は「殿下」だ。これは皇室典範で決められた規定であり、私たち国民の耳にもなじんで…

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から