男子500メートルで2位になった羽賀亮平=トマショフマゾウィエツキ(共同)
 女子1000メートルで2位になり表彰台に上がった高木美帆(左)=トマショフマゾウィエツキ(共同)

 【トマショフマゾウィエツキ(ポーランド)共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)第3戦は7日、ポーランドのトマショフマゾウィエツキで開幕し、男子500メートルは羽賀亮平(日本電産サンキョー)が34秒98で2位に入った。村上右磨(村上電気)が4位、新浜立也(高崎健康福祉大)は6位。

 女子1000メートルの高木美帆(日体大助手)も1分16秒42で2位に入った。

 団体追い抜きは高木美、高木菜那(日本電産サンキョー)佐藤綾乃(高崎健康福祉大)で臨んだ女子の日本がW杯での連勝を10に伸ばした。日本男子も2季ぶり2度目の優勝を果たした。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む