観客席に見えを切り沿道を沸かせた「に組・日本風力開発グループ」の大型ねぶた=3日午後8時17分

 青森ねぶたの運行団体「に組」の大型ねぶたが3日、今年の祭りに出陣した。に組は昨年、40年以上メインスポンサーを務めた東芝が撤退を決め、団体の存続すら危ぶまれたが、新たに風力発電事業を手がける日本風力開発(東京)が支援。「に組・日本風力開発グループ」の団体名で再出発した。伝統をつなぎ、に組の関係者は「感無量。本当に良かった」と感極まった様子だった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から