日越交流をイメージした迫力の舞を踊ったベトナム人大学生たち(赤い衣装)とAOMORI花嵐桜組のダンサーたち

 ベトナムとの交流を深めようと、青森県のよさこいチーム「AOMORI花嵐桜組」がベトナムの大学生らと演舞曲を共同制作した。7日、青森市のリンクモア平安閣市民ホールで行われた花嵐桜組の定期公演で共演。県内のベトナム人技能実習生や地元住民らが、日越交流をテーマにした情熱的な舞に見入った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)