決定したデザイン案のパネルを持つ桜田市長(左)と関村長
「弘前」ナンバーのデザイン案に決まった「弘前城・桜色のお堀と岩木山」

 2020年度中の導入を目指している「弘前」ナンバーの図柄デザイン候補について、弘前ナンバー導入実行委員会(会長・清藤哲夫弘前商工会議所会頭)は7日、千葉県の幸島麻子さん(45)が考案した「弘前城・桜色のお堀と岩木山」を最優秀賞とし、国に提案することを決めた。青森県弘前市によると、微調整はあっても図柄の大枠は変わらず、このデザインが採用される見通し。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)