千円銀貨(陸上競技)のイメージ図(財務省提供)
 100円硬貨(スポーツクライミング)のイメージ図(財務省提供)
 100円硬貨の裏面のイメージ図(財務省提供)

 財務省は7日、2020年東京五輪・パラリンピックを記念した貨幣37種類のうち、第2次発行分の千円銀貨4種類と100円硬貨6種類の図柄を公表した。合計で約2400万枚発行する。

 千円銀貨の図柄は陸上競技や野球・ソフトボール、バドミントン、水泳を描いた。各10万枚ずつ発行し、来年1月末から申し込みを受け付ける。100円硬貨は空手やスポーツクライミング、サーフィンなどで、各394万8千枚ずつ発行。来年7月ごろに金融機関で交換できる見通し。

 財務省は残りの22種類について、20年7月までに図柄などを決め、発行する方針。

(共同通信社)