3年ぶりに開催された青森ねぶた祭。大小16台が出陣し、夏の夜空を熱く焦がした=2日午後8時47分、青森市本町

 北国に炎の武者が戻ってきた。青森市の青森ねぶた祭が2日夜、開幕した。開催は3年ぶり。初日は大型ねぶた11台、子どもねぶた・担ぎねぶた計5台が出陣。時折雨が降るあいにくの天気の中、真夏の夜空を焦がすその姿に、約12万人(青森ねぶた祭実行委員会発表)の観衆が酔いしれた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。