運行本番前に気合を入れる(左から)札場さん、掛川さん、中原さん、須藤さん=1日、弘前市紺屋町

 青森県外在住の20~50代の男女12人が、7月29日から弘前ねぷたまつりの運行団体の中に入り込み、準備段階から祭りにどっぷりと漬かっている。地元住民でなければ味わえない貴重な機会を得て、参加者は「仲間に入れてもらえるなんて」「めちゃくちゃ楽しい」と喜んでいる。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から