【ワシントン共同】米商務省が6日発表した10月のモノの貿易収支(通関ベース)によると、国別で最も多い中国に対する赤字は前月比7・1%増の431億200万ドル(約4兆9千億円)となり、単月としての過去最大を更新した。輸入が増えた。米政権は90日間の通商協議で中国に貿易不均衡の是正を強く迫るとみられる。

 日本に対する赤字は57・0%増の61億6600万ドルで、中国、メキシコ、ドイツに次ぎ国別4位。米国は日本に対しても来年1月にも始める通商交渉で赤字削減を要求しそうだ。

 中国からの輸入は4・4%増の522億3300万ドルとなり過去最大を更新した。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む