ねぷたの出陣式であいさつする片岡町長(中央)

 弘前ねぷたまつりが開幕した1日、会場には青森県弘前市ゆかりの自治体の関係者が集まり、3年ぶりのまつり開催を祝った。友好都市の群馬県太田市や北海道斜里町の首長らのほか、今年5月に大型ねぷたを運行した香川県琴平町の片岡英樹町長も駆けつけ、まつりを盛り上げた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から