北京にある華為技術(ファーウェイ)の店舗=6日(共同)

 【北京共同】中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の最高財務責任者(CFO)の孟晩舟容疑者を米国の要請に基づきカナダ当局が拘束したことについて、中国外務省の耿爽副報道局長は6日の記者会見で、米国とカナダに「厳正な(抗議の)申し入れ」をし、容疑者の釈放を要求したと述べた。両国から説明がないとして「当事者への人権侵害」だとの立場を示した。

 耿氏は、米国による対イラン制裁に違反した疑いがファーウェイにあるとされることに対し「国連安全保障理事会の枠組み外での一方的な制裁に反対する」と述べた。また、両国に拘束理由を説明するよう求めた。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む