青森県西目屋村は6日、日本の農村漁村の景観や環境、文化などを守り、地域資源を生かした地域発展を目指すNPO法人「日本で最も美しい村」連合(会長・浜田哲北海道美瑛町長)への加盟が内定したと発表した。青森県では田子町、弘前市岩木地区、佐井村に続き4例目。白神マタギの伝統や山里文化継承の取り組みが評価された。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)