外国人労働者の受け入れを拡大する入管難民法の改正に絡み、三村申吾知事は6日の定例記者会見で、今後明らかになる具体的内容を注視する一方、青森県内就職やUIJターン就職の促進など、県内での人材確保・定着を引き続き強力に推し進め、労働力不足に対応していく考えを示した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から