深浦産岩もずくを使った「THE IWAMOZUKU」。高級感あふれるパッケージで贈答用の需要を見込む
「THE IWAMOZUKU」をPRする(左から)本田所長、吉田町長、佐藤学長、櫛引社長

 弘前大学地域戦略研究所と青森県深浦町、第三セクター「ふかうら開発」、食品製造業「カネショウ」(本社弘前市)は6日、深浦産の天然岩もずくを使った高級志向のもずく酢を産学官連携で商品開発し、「THE IWAMOZUKU」のブランド名で新発売すると発表した。シャキシャキとした歯ごたえと粘りが特長で、味付けにリンゴ酢を使うなど県産素材を活用。一般的に流通している他県産の養殖もずくなどと差別化を図り、深浦産岩もずくの消費拡大を目指す。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)