7月31日の青森県内は高気圧に覆われ、気象庁の23観測地点のうち15地点で最高気温30度以上の真夏日となった。各地の消防本部によると、八戸市で20~80代の男女7人など、県内で少なくとも14人が熱中症の疑いで救急搬送された。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。