◎東奥日報文化財団 19年主要3事業に決定

・「HITOTSUYAMA.STUDIO『めぐる文様-新聞紙から生まれる命-循環と堆積(仮称)』展」(2019年5月4日~6月23日)

・「イタリア交響楽団青森公演」(6月4日)

・「倉本聰点描画展」(7月13日~8月25日)


 東奥日報文化財団(理事長・塩越隆雄東奥日報社社長)は12月5日、青森市のホテル青森で理事会、評議員会、運営審議会を開き、2019年事業計画などを決めた。主要事業としては、東奥日報新町ビルの開館を記念する「HITOTSUYAMA.STUDIO『めぐる文様-新聞紙から生まれる命-循環と堆積(仮称)』展」(5月4日~6月23日・同ビル)など3事業を実施する。

2019年事業計画を決めた東奥日報文化財団の理事会(本社撮影)

 

 

 

 

 


 事業計画によると、19年も青森県の独創的な芸術文化活動や、次代を担う子供たちの心を育む文化的事業を支援するとともに、心豊かな県民生活の向上に貢献することを目的に各種事業を展開する。
 理事会で、塩越理事長は「現在建設中の東奥日報新町ビルは12月中に完成する予定で、来年4月のグランドオープンに向けて準備作業を進めている。ここを県内文化活動の大きな拠点と位置づけ、さまざまな事業を積極的に展開したいと考えている」とあいさつ。理事に佐藤貞政氏(エフエム青森執行役員総務経理部部長兼放送本部本部長)、葛西崇氏(県商工会議所連合会常任幹事)、松林拓司氏(東奥日報社事業局長)を新任した。
 「めぐる文様-新聞紙から生まれる命-循環と堆積(仮称)展」のほかの主要事業としては、イタリアを代表するオーケストラによる「イタリア交響楽団青森公演」(6月4日・リンクステーションホール青森)、脚本家・倉本聰氏が十数年にわたって描き続けた森を特集した「倉本聰点描画展」(7月13日~8月25日・県立郷土館)の二つ。
 このほか、短歌・俳句・川柳の県大会、東奥少年少女文芸大会、日本の書展兼公募青森県書道展、東奥児童美術展、同書道展、各種囲碁・将棋・連珠大会など、東奥日報社が長年取り組んできた事業を共催する。