かつて使われた漁具など約300点が展示されている市博物館の夏季特別企画展

 八戸市博物館は、夏季特別展「ナゲモノ拾いから始まった-ハマの民俗と文化財-」を開いている。市民有志が収集し、国の重要有形民俗文化財にも指定されている漁労用具など約300点が展示されている。8月28日まで。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から