【バドミントン女子個人単準決勝】八代白百合学園(熊本)の猿川のショットをレシーブする青森山田の石川
【バドミントン女子個人複決勝】県勢で3年ぶりに女子個人複を制した青森山田の石川(奥)・清瀬組=徳島県吉野川市・日本フネン市民プラザ

 全国高校総合体育大会(インターハイ)は28日、徳島、高知、香川の3県で6競技を行った。県勢は、バドミントン女子個人複で石川心菜・清瀬璃子組(青森山田)が全国の頂点に輝いた。石川は女子個人単でも3位入賞。バスケットボール女子の柴田学園は初戦の2回戦を突破し、16強入りを決めた。ボクシングは3階級で2回戦に進んだ。一方、相撲団体の五所農林は決勝トーナメント1回戦で敗退。テニス団体では、男子の弘前、女子の五所川原いずれも1回戦で姿を消した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から