協定書を掲げるクリス総監督(左から2人目)と菊池理事長(同3人目)。左端は八工大一の中村選手、右端は佐々木選手

 青森県アイスホッケー連盟(橋本昭一会長)と、八戸市などを本拠地とするアイスホッケーアジア・リーグの東北フリーブレイズを運営する東北アイスホッケークラブ(福島県郡山市、中村考昭代表取締役)は、アイスホッケー競技振興に関する連携協力協定を締結した。小中高校生向けに三つの事業を展開、人口が減る中にあっても氷都八戸の競技力の向上・強化を図る。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から