防災に関する質問を田高組合長(右手前)にする児童ら=11日
大畑地域の住民たちが、当時の体験などを語り合った防災学習会=17日

 昨年8月の豪雨災害から1年を迎えるのを前に、浸水被害などに見舞われた青森県むつ市大畑町で、当時を振り返る活動が相次いでいる。被害状況、災害時の行動、災害後の対応といった情報を子どもや住民たちが積極的に共有。次の災害発生時に少しでも被害を小さくするために、それぞれの立場で取り組みを続けていく。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から