加藤死刑囚による無差別殺傷事件で17人が死傷した現場付近=26日午前10時27分、東京・秋葉原
「被害に遭われた方が少しでも安らかに眠ることができれば」と語り、現場に向かって手を合わせる男性=26日午後5時53分、東京・秋葉原

 青森市出身の加藤智大死刑囚(39)の刑が執行された26日、無差別殺傷事件の現場の東京・秋葉原では近隣の会社員が「心安らかに」と犠牲者に手を合わせ、遺族の気持ちをおもんぱかった。一方で14年前の現場目撃者らから「(加藤死刑囚を)許せない」「罪を償っていない」と非難する声も聞かれた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から