来年1月に86歳で南米大陸最高峰のアコンカグアへの登頂を目指すことについて記者会見する冒険家の三浦雄一郎さん=3日午後、東京都渋谷区

 世界最高峰のエベレストに史上最高齢の80歳で登頂した冒険家でプロスキーヤーの三浦雄一郎さん=青森市出身=が3日、東京都内で記者会見し、来年1月に86歳で、アルゼンチンとチリ国境にある南米大陸最高峰のアコンカグア(6959メートル)への登頂を目指すことを明らかにした。順調にいけば1月21日ごろに頂上に到着し、スキーで滑降する予定。「やるだけやって限界まで頑張ってみる。限界(になった地点)が頂上であれば素晴らしい」と意気込みを語った。(共同)

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)