空襲直後の市内の写真などが並ぶ青森空襲展の会場

 1945(昭和20)年の終戦間際に起きた青森空襲に関する品々を集めた「青森空襲展」が25日、青森市の中央市民センターで始まった。青森空襲を記録する会が主催。戦時中の様子を収めた写真や生活用品など約300点の展示品が、戦火に覆われた青森市の77年前の歴史を今に伝えている。28日まで。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から