地方クラブについて語る野々村チェアマン=23日午後、八戸市プライフーズスタジアム

 サッカーJリーグの野々村芳和チェアマンが23日、青森県八戸市のプライフーズスタジアムを訪れ、J3ヴァンラーレ八戸対鹿児島ユナイテッドFCの試合を観戦した。試合前に記者会見した野々村氏は「本州の一番北にあるクラブはハンディがあるが、メリットもある。それを生かして地域の中心となるクラブになってほしい」と期待した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から