平内町の海岸に漂着し、浅虫水族館に持ち込まれたリュウグウノツカイ=2日午後、青森市

 2日午前6時すぎ、青森県平内町茂浦の観音崎近くの海岸に、温帯から熱帯の海に生息する深海魚「リュウグウノツカイ」の死骸が漂着しているのを地元漁師が見つけ、青森市の県営浅虫水族館が譲り受けた。同館は一般公開はせずにいったん冷凍保存し、標本化や大学など研究機関への提供などを検討するという。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)