集落の入り口に据えられたわら人形や年縄の傍らに立つ板橋会長
集会所近くで、わらを束ねたり、結ったりして作業をする住民たち(上板橋町内会提供)

 青森県東北町の上板橋町内会(板橋昇会長)は14日、上板橋地区に古くから伝わる伝統行事「人形送り」を行った。同地区の住民32人がわらで作った人形を集落の入り口に据えることで、集落からの疫病・悪霊退散と住民の家内安全を祈った。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から