八戸三社大祭運営委員会(塚原隆市会長)は22日、青森県八戸市のユートリーで全体会議を開き、31日から8月4日まで実施する三社大祭の代替行事の日程を発表した。はちのへ山車振興会の共同制作「移動型・組立式山車」と踊りを披露する「華屋台」の運行は31日午後5時に市庁前を出発し、お囃子(はやし)や神楽、虎舞などと共に中心街を練り歩く。市内では新型コロナウイルスの感染が急拡大しているが、運営委は感染対策を徹底し、参加団体や観客の安全を確保しながら実施する方針。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。