自ら栽培したキクラゲを十数人の有権者に配ったとして、青森市議に対し、市選挙管理委員会事務局が公職選挙法に抵触する可能性があるとして厳重注意していたことが、21日までの取材で分かった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。