青森市の浪岡病院は今年9月から1年間、市内100世帯をモニターに、住宅の家電使用状況を人工知能(AI)が分析し、住民の認知機能低下を予測する実証実験を行う。市によると全国初の取り組みで、参加する世帯を募集している。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。