震災伝承施設に追加登録された三沢市の「津波の証」(東北地方整備局提供)

 東北地方整備局や青森県などでつくる「震災伝承ネットワーク協議会」は20日、東日本大震災の被害や教訓を後世に伝える「震災伝承施設」に、三沢市の海水浴場・三沢ビードルビーチの敷地内にある「津波の証」など青森県の3件を含む計6件を追加登録したと発表した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から