青森県八戸市の熊谷雄一市長は20日の定例記者会見で、性的マイノリティーのカップルを公的に認める県のパートナーシップ宣誓制度の利用者を対象に、市営住宅の入居申し込みができるように見直したと発表した。同日から適用した。県によると、同制度を活用した行政サービスを提供する県内市町村は八戸市が初めて。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から