日本原燃が高レベル放射性廃液タンクの冷却機能が一時喪失したトラブルの原因と再発防止策を公表したことを受け、青森県六ケ所村の戸田衛村長は19日、「同様の事象を二度と起こすことがないよう、原因を見つめ直し、安全対策に万全を期すとともに、今回の事象を重く受け止めて真摯(しんし)に取り組むよう強く要請した」とコメントした。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から