役員会後に記者会見する(左から)阿部氏、江渡氏、滝沢氏

 自民党県連は19日、青森市の党県連事務所で役員会を開き、参院選青森県選挙区で党公認の新人候補が敗北した参院選を総括した。新人候補を組織末端まで浸透させるには、活動期間が短かった-と敗因を分析した。執行部の責任論は出なかった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から