8月28日(火)、東奥小中学生新聞「週刊JuniJuni」で月イチ恒例、福ロウの社会科見学企画

なんとっ今回は特別編、青森市の鹿内博市長に密着、お話をうかがいました☆

    今日はよろしくお願いいたしまっす☆

    「初めまして、よろしくね」

    青森市出身の鹿内博市長は、

    昭和23年3月生まれの64歳☆

    青森市議会議員や県議会議員を務め、

    平成21年4月から青森市長として活躍☆

お会いしたのは、青森ねぶた祭開幕直前の、7月31日っ☆

この日の市長、最初のお仕事は、ここ青森港の

青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸で☆

「青函ワールド」のオープン

セレモニーに出席でっす☆

                   集まった報道陣にまじって、

                   福ロウもパチリパチリっと☆

おやや☆ こちら本物の東奥日報の取材記者さん? 営業部のN田さんと同期の?

T記者っ、おっつかれさまでっす☆

以前見かけたときより

丸々とされたような・・☆

「同期きってのメタボ記者です」

健康にはくれぐれもお気をつっけを☆ 

    さてさて、いよいよ船内では、鹿内市長が

    関係者の皆さんとお祝いのテープカット☆

    解体が決まった姉妹船「羊蹄丸」の展示を受け継ぎ、

    八甲田丸に「青函ワールド」が無事オープンでっす☆ 

続いてこちらは、「青函ワールドジオラマ残し隊」代表の若山多香子さんも登場っ☆

いま市長が腰に締めてるのは、藤崎町のリンゴ移出商

だった若山さんのおじいさんの屋号入り前掛け☆

実は、東京・お台場の「船の科学館」で、昨年9月まで

展示公開されていたのが姉妹船の「羊蹄丸」でして☆

展示品として羊蹄丸に寄贈した前掛けが故郷に戻り 、

りんご売りのおばさんに再び締め直されたというわけ☆

              おばさんの人形も、

              何だかうれしそうっ☆

青森と函館を結んでいた青函連絡船☆

人や荷物を大量輸送し、昭和30年代の高度経済成長期に活躍☆

今はきれいに整備され近代的なベイエリア、

ここから毎日、連絡船が出てたんでっすね☆

「最後の運航となった、昭和63年3月13日の最終便は、青森発が八甲田丸、函館発が羊蹄丸だったことも何かの縁を感じるね」  ・・と鹿内市長☆

さてさて、福ロウもほんの少しの間、

昭和30年代の青森にタイムスリップ☆

青函ワールドに入場でっす☆

             このゾーンは、駅周辺を再現☆

                   りんご屋さんがたっくさん☆

                   一帯はりんご市場として

                   賑わってたのでっすね☆

いらっしゃ〜い☆

青森の美味しいりんご

いっかがでっすか〜☆

            

                     こっちは、焼き芋屋さん☆ 

                     こどもの表情も、なんとも

                     いきいきしてるんでっす☆

こちら、重たい荷物を背負った子連れの「担ぎ屋」のおばさん☆

連絡船に乗り込むところ☆

荷物の重さはなんと、120kgっ☆

警察官のおじさんとの、ちょいとお涙頂戴の

ストーリーは、現地でお確かめくだっさい☆

昭和30年代当時の市民の暮らしを体感できる貴重な展示でしたね☆

 「活気ある当時の青森を観光客はもちろん、子どもたち

 にも見てもらって、平成の元気につなげたいですね」

         そうなんでっす、というわっけで☆

         青森市内の小中学生は、2013年3月迄

         無料で入場できちゃうんでっすよね☆

さてさて、この後も市長は大忙し☆

青函ワールド譲渡に協力してくれた愛媛県新居浜市の

皆さんと一緒に、来場者にプレゼント進呈でっす☆

愛媛のみかんジュースを先着順で☆ 

    福ロウもちゃっかり、

    いただきまっす☆

                「愛媛と言ったらミカンの産地。青森の

                リンゴと同じくらい美味しいですよ」

愛媛県の関係者の皆さんも、

あっりがとうございまっす☆

実はこの日は、八甲田丸エリア全体が、昭和30年代のレトロな香りに包まれてまっして☆

クラシックカーの展示も

行われてたんでっす☆

免許がない福ロウは

気分だけでも、と☆

おっと、遊んでる間に、鹿内市長を見失うとこでっした☆

ここから出発して中心商店街を1周する、「クラシックカーパレード」に参加されるそうで☆

「行ってきます!」

行ってらっしゃい〜☆

 ルートを先回りして

 待つつもりが・・☆

途中で見失い、次のお仕事会場へ移動して待つことに☆ 

パレードが終わるや否や、次のお仕事でリンクステーションホール青森にやってきた市長☆

こちらは、先月報告の食の味力発見in青森市

連動イベント「カシスシンポジウムin青森」☆

開会の挨拶で、市長が日本一のカシスの

生産地・青森市を力強くアピールでっす☆

さてさて日も暮れかけて、さすがに夜はお仕事が無いかと思いきや☆

午後7時、ねぶた祭開幕直前でこの日実施の「ねぶたお祭広場」に出没すると・・☆

市長発見っ☆

半被の下のポロシャツ、

かっこいいでっすね☆

           「そうでしょ。背中がねぶたの顔になってるんだよ」

           おやっ、これまた勇まっしい☆

           駅前の「ねぶたの家 ワ・ラッセ」で

           買えちゃうんだっそうで☆

あららっ、なんだなんだ?子どもたちの

大歓声と、いつの間にかスゴイ人だかり☆

昨年7月以来の遭遇、青森市の観光キャラクターの

ねぶたんに、ハネトン、あぷたん、ほたてんも、勢ぞろい☆

 いよいよ市長の開会の挨拶で、パワー注入っ、

 ラッセラ、ラッセラーと皆さんお祭りモードに☆

市長、お忙しい一日でしたね☆ 

「ねぶたにカシス、青函ワールドと青森の自慢が一気に揃った日。こんなうれしい日はないですよ」

分刻みのスケジュールにも笑顔、笑顔の市長でっした☆

さてさて、ここからは、福ロウの「ほんのちょっとお尋ねしまっす!?」のコ〜ナ〜っ☆ 

      市長は、市民の皆さんの意見を

      直接聴く場も設けたそうですが☆

      「市民が主役の、住み良いまちづくりを

      目指すためにつくったんですよ」

市長になった後、新たに設置したのが

「あおもり市民100人委員会」☆

様々な職業、幅広い年齢層の人たちが

市長と意見交換する場としてスタート☆

  現在は、「あおもり市民100人委員広聴会」として、

  委員の皆さんから意見をいただいているのだそう☆

最近では、市の鳥・フクロウとリンゴを

モチーフにしたキャラクターもできたそうで☆

「市の新マスコット、モップルちゃんです。仲良くしてね」

津軽弁でフクロウを指す「もほ」と

「アップル」でモップル、なるほっど☆

「そう言えば、キミも福ロウだったね」

                       そうなんでっす、たいてい

                       ペンギンに間違えられ・・☆

お忙しい毎日でっすが、ゆっくりできるお時間はありますか? 

「愛犬マルとの毎朝の散歩タイムが

ストレス解消になってますよ」

子どもの頃は学校の先生になりたかったという市長、

青森の子どもたちにも一言お願いしまっす☆ 

「ねぶたに八甲田、カシスやホタテ、リンゴなど自慢できる

青森の財産をたくさん知って、好きになってほしいですね」 

メッセージ、あっりがとうございまっす☆ 

       「未来を担う子どもたちが、安心して

       暮らせる青森をつくりたいですね」

         福ロウも、青森市の元気を

         ど〜んっと応援しちゃいます☆

そしてそして、読者プレゼントのお知らせっ☆

今回見学した八甲田丸のポストカードと

缶バッジ(2個入り)をセットで20名様に☆

応募はハガキで、9/20(木)必着でっす☆

①住所 ②氏名 ③年齢 ④職業 ⑤電話番号

⑥ご意見・ご感想なんかも書いて下記まで☆

〒030-0180 青森市第二問屋町3-1-89 東奥日報社営業編成局「福ロウ社会科見学」係☆