【バスケットボール男子決勝・津軽-弘前一】第2クオーター、シュートを放つ津軽の前田(10)=マエダアリーナ
【バスケットボール女子決勝・藤崎-青森山田】第4クオーター残り35秒で、藤崎の主将・鈴木(4)がシュートを決め44-44と同点に追いつく

 第73回青森県中学校体育大会夏季大会は第2日の18日、県内各地で13競技を行った。剣道団体は男女ともに大間が栄冠を手にした(女子は初優勝)。バスケットボール男子は津軽、女子は藤崎がそれぞれ2連覇に輝いた。卓球男子団体は弘前東が2大会連続2回目の優勝を果たした。バレーボール男子は津軽が3大会ぶり4回目、女子は尾上が2大会連続9回目の優勝を飾った。ソフトテニス男子団体は尾上が4大会連続8回目、女子団体は東北が2大会連続5回目の優勝。新体操男子団体は青森山田、女子団体は尾上が頂点に輝いた。陸上男子総合は田名部、女子は藤崎の優勝。水泳男子総合は弘大付が制し、女子総合は八戸東が初優勝。サッカーは青森山田が、軟式野球は五所三が制した。ソフトボールは雨天の影響で19日に決勝戦を行う。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から