男子1万メートルで力走する田澤廉(中)、伊藤達彦(右)=ユージン(共同)

 陸上の世界選手権第3日は17日、米オレゴン州ユージンで行われ、男子の1万メートルで初出場の田澤廉(青森県八戸市出身、青森山田-駒大)が28分24秒25で20位、伊藤達彦(ホンダ)が22位だった。(共同)

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から