木の棒でたたき、さやの中から種を取り出す「菜種打ち」を行う参加者たち=18日午前、横浜町

 青森県むつ市のNPO法人「菜の花トラスト」は今年、活動20周年を迎えた。横浜町で菜種を無農薬、無化学肥料で栽培。種まきから刈り取り、脱穀、天日干しまで全て手作業で行い、搾った菜種油を製造・販売してきた。宮茂理事長(69)は「20年よくやってこられた。苦労も多かったが、いろんな場面で助けてもらい、人に恵まれた」と振り返った。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から