リモートでつながった会場にいる軍人からアイデアをもらい、かかしの装飾を作る児童

 青森県つがる市の車力小学校5年生と、米陸軍車力通信所の軍人ら約40人が7、8日、車力地区で、ウルトラマンや動物などユニークな装飾のかかし5体を創作した。既に市内に展示しており、8月19日まで市民らの投票で人気の1体を決めるコンテストを行っている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から