青森市で行われている4回目のワクチン接種。3回目接種から5カ月以上間隔を空ける必要がある=5月30日

 新型コロナウイルスワクチン4回目の青森県接種率(人口に対する割合)は、15日現在で2.29%と、全国平均の2.98%を下回っている。青森県は3回目接種の出足が鈍かったため、5カ月以上の間隔が必要な4回目接種の本格化が遅れているとみられる。青森県の3回目接種率は都道府県で5番目に高い68.93%だが、30代以下の若い世代の接種率は年齢が高い世代に比べて低い。全国的に感染が急拡大する中で、県は3回目の未接種者や4回目接種の対象者に、接種の検討を呼びかけている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から