屋台の準備が進められた「とわだこマルシェ」会場のホテル跡地=15日、十和田湖畔休屋
「北奥のF”UNKASAI」で公開される中山晃子さんの作品の一部(小林恵里さん提供)

 十和田湖畔休屋地区で16日から、地区有志が、解体撤去された大型観光ホテルの跡地を活用した第1弾のイベント「とわだこマルシェ」を開催する。同跡地は2年程度の暫定利用となるが、東日本大震災後に著しく衰退が進んだ観光地のにぎわい創出に向け、住民中心の試みがスタートする。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。