出荷するメロンにつがるブランド認定シールを貼っていく倉光市長(右)ら

 青森県つがる市や市内の農業団体などでつくる「つがるブランド推進会議」(会長・倉光弘昭市長)は15日、同市のごしょつがる農協木造総合支店で、ブランド認定したメロンの出荷式を行った。今年も甘さ十分の主力品種「タカミ」など約20トンを積んだトラック2台が関西方面に出発した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から