発売されたクラフトビール「朝凪」
トークショーで新しいクラフトビールの醸造過程などを説明する山形さん(右から2人目)

 一般社団法人「くるくる佐井村」は14日、生の村産ホップを100%使用したクラフトビール「朝凪(あさなぎ)」の発売を始めた。同日、同村の「古民家カネシチ+(プラス)」で発売記念トークショーを開き、新ビールをお披露目するとともに、ビールを製造したカネク醸造(青森県八戸市)の山形琢一会長が「朝凪」を仕上げるまでの苦労やビール造りの魅力を話した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。