ライトアップされた「あおもり犬」を写真に収める来館者

 青森市の県立美術館で9日、夜の美術館を楽しむ「ナイトミュージアム」が開かれた。家族連れらが、ライトアップされて普段と違った表情を見せる同館のシンボル「あおもり犬(けん)」を写真に収めるなど、夜ならではの雰囲気を楽しんだ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。