神田衆院議員(左)からねぎらいの言葉をかけられる齊藤氏=11日午後、八戸市

 参院選から一夜明け、落選した自民党の元青森県議・齊藤直飛人氏は11日、21万6265票の得票に「重い票をいただいた。思いをしっかり受け止め、次のステップにつなげる」とすがすがしい表情を見せた。政治活動は継続する意向で「何に出馬するかは未定だが、きょうから選挙と思って活動する。まずはお世話になった方々にお礼したい」と述べた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から