激戦が繰り広げられた青森県選挙区で、立憲民主党が議席を死守した。現職がこれまでの政治活動で培った知名度をフルに生かし、自民党の追い上げを振り切った形だ。ただ、県内における両党の組織力の差は歴然としている。立民が今回の勝利を、次の大きな政治決戦である来年の知事選につなぐことができるかは見通せない。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から