生活文化科2年生が手作りした縄文土器の文様入りブローチとヘアゴムをPRする生徒たち

 青森県八戸市の千葉学園高校生活文化科の生徒が、同市の是川遺跡から出土した縄文土器などの文様を刺しゅうしたブローチとヘアゴムを制作し、5日から同市の是川縄文館で販売を始めた。ピンクや水色などの糸を使って文様を華やかに表現した生徒たちは「縄文の文様は現代の装いにも合う。年齢問わずファッションアイテムとして使ってほしい」とPRしている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から