全日本スキー連盟は6日、2022~23年シーズンの強化指定選手を発表し、最高のSランクにジャンプ男子で2月の北京冬季五輪金メダリストの小林陵侑(土屋ホーム)や同女子の高梨沙羅(クラレ)、フリースタイルのモーグルでは男子で北京五輪3位の堀島行真(トヨタ自動車)、女子の川村あんり(東京・日体大桜華高)らが名を連ねた。青森県関係では、クロスカントリー女子の横濱汐莉(野辺地高-日大出、弘果SRC)と土屋正恵(弘果SRC)、同男子の蛯名貴徳(野辺地高出、自衛隊体育学校)、スノーボードクロス女子の中村優花(青森市出身、仙台大)、ジャンプ女子の藤元彩子(弘前工業高)がいずれもBランクで選ばれた。(共同)

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から